妊婦健診とは

MENU

妊婦健診の必要性

日本での妊婦健診は、諸外国と比較しても回数が多いことが特徴です。
その分、妊婦さんと胎児の健康状態を細かくチェックでき把握することができます。

かかりつけの産院をもたず、妊婦健診を受けないまま出産を迎えるという「野良妊婦」や「飛び込み出産」という言葉を耳にすることがあります。
妊娠・出産は、女性の身体に大変な負担がかかり、必ずしも安全とはいえません。
きちんと健診を受けていれば、これまで健康だった妊婦さんや胎児に異変が生じたとしてもその原因を突き止めやすくなり、的確な対応ができるのです。
今は自治体の公的負担で、十数回前後無料で受けることができる地域が多いようです。
妊婦さんと胎児の健康を守り、無事に出産するためにも妊婦健診は決められた回数を受けるようにしましょう。



妊婦健診の内容

平均回数14回の妊婦健診では、妊娠週数により必要な検査が行われます。
また、妊婦さんと胎児の健康状態によって主治医が判断するため、必要に応じて回数や検査が増えたりすることもあります。

毎回行う基本的な内容

  • 健康状態の把握……問診、診察など。
  • 検査計測……………体重・尿検査・浮腫・血圧・腹囲・子宮底長など。
  • 保健指導……………助産師などから妊娠期間中の食事や生活に関するアドバイスをうけたり、妊娠・出産・育児に対する不安・悩みの相談ができる。

妊娠初期〜23週/頻度:4週間に1回
  • 血液検査……………初期に1回。血液型・B型肝炎抗原・C型肝炎抗体・HIV抗体・梅毒・風疹抗体などを調べる。
  • 子宮がん検診………初期に1回。
  • 超音波検査…………期間内に2回。
  • 血液検査(HTLV-1抗体検査)…妊娠30週までに1回。
  • 性器クラミジア…………………妊娠30週までに1回。

妊娠24週〜35週/頻度:2週間に1回
  • 血液検査……………期間内に1回。血算・血糖などを調べる。
  • B群溶血性連鎖球菌…期間内に1回。
  • 超音波検査…………期間内に1回。(妊娠36週〜出産まで/頻度:1週間に1回)
  • 血液検査………………期間内に1回。
  • 超音波検査……………期間内に1回。

健診時の服装

健診に行くときは、受診しやすい服装を選ぶようにしましょう。
例えば、腹囲の測定や超音波検査の場合、腹部を出すようになります。
ワンピースやジャンパースカートなどでは、裾からお腹までをまくり上げるようになってしまいます。
もちろん、バスタオルなどで下半身はカバーされますが、受診しやすい服装とは言えません。
また、毎回体重測定があるので、デニム生地などの重さや厚みのある洋服は避けた方が良いでしょう。