任意の予防接種

MENU

定期接種だけではダメ?任意接種は必要?


定期接種と任意接種

乳幼児は病気に対する免疫力(抵抗力)がとても未熟です。
生後しばらくはお母さんからの免疫があるため、病気はしないとよく言われていますが、それもほんの一時のことです。
病気にかかり重症化し、合併症が起きたり後遺症が残ってしまったり、生命が危ぶまれるような状況になってしまったりしてはいけません。

それを未然に予防するのが「予防接種」です。
日本の予防接種は、予防接種法で定められている「定期接種」と「任意接種」とに分けられています。
乳幼児を対象とした「定期接種」は、
  • ヒブ
  • 小児用肺炎球菌
  • 四種混合(三種混合・ポリオ)
  • BCG
  • MR(麻しん風疹混合)
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 日本脳炎
の7種類があります。

母子手帳や自治体から送られてくる予防接種スケジュールなどを見てみると、生後2か月から次々に接種していかなければならないのが分かります。

また、種類によっては同じ日に複数の予防接種を受けることができる「同時接種」を勧めているものもあります。
これだけ多くの種類があり、接種回数も15回を越えるとなると、スケジュール管理が大変に思われます。
予防接種の予定を組んでいても、その日に必ずしも体調がよいとは限りません。

しかし接種時期が決められているものや公費助成のあるワクチンなどもあるため、タイミングよく、漏れることなく接種していくためにも「同時接種」というのが必要となるのです。
定期接種でこれだけたくさん予防接種を受けておけば、とりあえず大きな病気からは守れるだろう…という考えの方もいるようですが、「任意接種」も子どもを守るための大切な役割があります。
現在、任意とされている予防接種は、
  • B型肝炎
  • ロタウイルス
  • おたふくかぜ
  • インフルエンザ
  • A型肝炎
となっています。
これらのワクチンは、アメリカでは接種していなければ学校などの集団生活に入ることができないようになっているといいます。
現在の日本では、以前は任意接種であったヒブや小児用肺炎球菌、水痘(水ぼうそう)のワクチンが定期接種になり、
今後、B型肝炎・ロタウイルス・おたふくかぜも定期化することが検討される方向でいるとのことです。


予防接種の接種率

定期接種は、国の責任の下で市区町村が原則無料で行っており、ワクチンに関する情報なども入りやすいため、その接種率は、90%以上との調査報告があります。
市区町村から個別に送られる通知や、病院によってはスケジュールを組んでくれるところもあり、漏れることなく接種できるようにサポートしてもらえます。

一方で任意接種は、公費の助成がないため行政の介入がなく、正確な接種率はわかっていません。
様々な調査や研究の結果などから、20〜40%程度ではないかという程度です。

なぜこのように定期接種と任意接種で接種率が大きく違うのでしょうか。

任意接種のワクチンを接種した理由
・病気にかかるのが怖いから。
・ワクチンを接種することが当たり前だと思っているから。
・病気にかかっても症状を軽減できると思うから。
・病気になった時に仕事が休みづらいから。

任意接種のワクチンを接種しない理由
・お金がかかるから。
・ワクチンを接種しても病気にかからないとは限らないから。
・接種する時期と子どもの体調とがうまく合わないから。
・副反応が心配だから。
・きちんと免疫をつけるには予防接種より、病気にかかったほうが良いから。
・情報があまりなく、不安だから。
・接種する前に罹患したから。
・仕事が忙しく、定期接種に連れていくだけで精一杯だから。

接種しない理由で最も多かったのがやはり「お金がかかるから」ということだそうです。
例えばおたふくかぜのワクチンが1回8,000円ほどで、2回接種だと16,000円となります。
インフルエンザのワクチンが1回3,500円ほどで、2回接種で7,000円。

子どもが複数いれば、その額は2倍、3倍となり、自己負担は高額なものとなってしまいます。
また別の調査では、世帯収入が高いほど任意接種ワクチンの接種率が高く、世帯収入が低くなると接種率が低くなるという報告があります。
任意接種のワクチンが定期化されれば、経済的な負担が軽減され、世帯収入による接種格差もなくなり、すべての子どもが公平に接種できるのではないでしょうか。


任意接種を勧めるワケ

世界保健機構(WHO)は、ワクチンで予防できる病気で死亡している4歳以下の子どもが、年間およそ250万人、1日あたり6,800人もいると示しています。
生命に危険はなくても病気による合併症や後遺症に苦しむ子どもはもっと多くいると思われます。
例えばおたふくかぜは、ムンプスウイルスに感染すると発症します。
主に飛沫感染で広がり、潜伏期間は2〜3週間程度といわれています。
しかし、発症するおよそ6日前からウイルスが排出されているといい、気づかない間に自分の周りの人にうつしてしまうこともあります。
主な症状は、耳下腺の腫れと高熱で、痛みを伴います。
ところがこのムンプスウイルスは全身に広がるといい、特に内分泌系腺組織や神経組織が侵されると合併症を起こしてしまいます。

ムンプスウイルスによる合併症(発生率)
・髄膜炎(1〜10%)
・脳炎(0.3〜0.02%)
・難聴(0.01〜0.5%)
・精巣炎(20〜40%)
・卵巣炎(5%)

この合併症発生率の高さには驚かされます。

合併症に関する知識は「男の子は将来、子どもができにくくなってしまう」程度の人が多かったのではないでしょうか。
この数値からそれだけではないことが良く分かります。
難聴については、聴覚神経がムンプスウイルスによって死滅してしまうため、根治できないと言われています。

おたふくかぜの合併症で難聴になった子どもは、大人になっても一生聴こえないままなのです。
おたふくかぜには特効薬がありません。発症して、合併症が出るかどうかもわかりません。
合併症が起きてもその治療法はないといわれています。
時間が経ち、症状が治まるのを待つしかないのです。

このような状況から子どもを守るためにワクチンが存在するのです。
おたふくかぜのワクチンの認知度は高いですが、任意接種であるためその接種率は30%前後と言われています。
最近になって2回接種を推奨されるようになりましたが、それまでは1回だけでした。
アメリカでは、州によっては3回接種を行っているところもあるようです。

世界ではおよそ120か国でおたふくかぜのワクチンが定期接種化されており、そのうちのおよそ100か国は2回接種となっています。
日本は任意接種の上、70%の子どもが接種回数「0」、2回接種もあまり認知されておらず1回接種したっきりという人も多いです。

おたふくかぜに限りませんが、病気の予防効果があるから「予防接種」なのです。
病気にかかってしまってから「予防接種を受けておけばよかった」という声も多く聞きます。

病気で苦しむ子どもに何もしてやれず、代わってやることもできず、後悔ばかりしていいのでしょうか?
もちろんワクチンによる副反応などの心配もありますが、そこは行政がもっと情報を開示していくべきではないでしょうか。
その情報を収集し、子どもを守るのが親の務めだと思いませんか?