妊婦によい食事・悪い食事

MENU

妊婦が食べてはいけないもの

妊娠する前までは普通に食べていたものでも、妊娠したことによって注意が必要になる食品があります。
妊娠すると免疫力が低下するため、感染症などにかかりやすくなり、食品からの感染を防ぐことが重要になります。
また、お腹の赤ちゃんに影響を与える食品もあり、それらを知っておくことで先天性の障害などのトラブルを防止することができます。

生肉

生肉の危険性は、O-157(腸管出血性大腸菌)やトキソプラズマに感染する恐れがあるというところにあります。
これらの感染症は、生肉や加熱が不十分でない牛肉、ウシの内臓などから感染することがあります。
焼肉屋さんへ行くとよく生肉などを注文して食べるという人や、焼き加減を控えめにするという人も多いと思いますが、感染症にかかるリスクが高まります。
O-157は、集団感染することが多く、メディアでもよく取り上げられているとおり、下痢や血便、激しい腹痛などの症状があらわれて、重篤な症状に陥ることもあります。
またトキソプラズマは、多くの哺乳類に寄生するもので、「妊娠中に初めて感染」すると胎児に影響を与えてしまいます。
トキソプラズマが血液中に入り胎盤を通して胎児が感染し、脳や目、耳などに障害をきたます。
妊娠中は感染症予防に努めるべく、生肉を食べるのは控えて、十分加熱してから食べるようにしましょう。

魚・魚介類

魚類で特に気をつけておきたいのは、大型の魚(クロマグロやキンメダイ、メカジキ)などに含まれる水銀です。
大型になるほど水銀濃度が高くなり、妊娠中に多量摂取すると胎児の脳神経に影響を与えてしまい、障害をもたらすおそれがあります。
アジやサンマ、サバなどの小型の魚やお寿司の魚くらいの量であれば問題はありません。

厚生労働省では、水銀を多く含む魚については摂取量の限度を定めていますので、それを超えないようにしましょう。
また魚介類では、牡蠣などの二枚貝から検出されることのあるノロウイルスに注意が必要です。
下痢の症状がひどくなると妊娠を維持することが困難になり、流産などを引き起こすおそれもあります。
十分に加熱してから食べるようにしましょう。

生卵



サルモネラ菌が付着している卵を食べて感染すると、嘔吐や下痢の症状があらわれます。
卵もやはり十分に加熱したものを食べることをおすすめします。
ただし、低温殺菌処理をしている卵であれば心配はいりません。

乳製品・食肉加工品・魚介類加工品

乳製品(ナチュラルチーズなど)、食肉加工品(生ハムなど)、魚介類加工品(スモークサーモン)などで、リステリア菌による食中毒が発生することがあります。
発熱、筋肉痛、悪寒等インフルエンザと似た症状があらわれ、妊娠中に感染すると胎児にも感染し、流産などのおそれがあります。
賞味期限内に食べる、開封後は速やかに消費する、加熱するなどすれば予防することができます。

低脂肪の乳製品

牛乳やヨーグルトでパッケージに”低脂肪”と記載されているものが数多くあります。
カロリー制限に気を遣う妊婦さんには強い味方のように思われがちですが、乳製品の脂肪は実は重要なのです。
胎児の免疫システムを作るのに必要で、この免疫システムができていないと花粉症やぜんそくになるリスクが高まると言われています。


摂り過ぎに注意したいもの

  • ビタミンAを含む食品…レバーやうなぎなど。大量摂取すると体内に蓄積され、特に妊娠初期の場合、胎児に奇形が起きるリスクが高まるといわれています。
  • イソフラボンを含む食品…豆腐や納豆などの大豆食品は、適量を摂取していれば問題ありませんが、女性ホルモンと似た働きをするため、サプリメントなどで過剰に摂取することは控えましょう。
  • 香辛料を使ったもの…カレーやキムチなどの辛いものは、胃腸に刺激を与えてしまいます。また、塩分量も多くなりがちになるため注意が必要です。
  • 糖分を多く含む食品…お菓子。特にチョコレートなどは要注意です。煎餅などは、塩分に気をつけましょう。果物は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、1日に2,3種類の摂取を勧められますが、果糖という糖分が含まれているため、やはり摂り過ぎには注意が必要です。また蜂蜜は、砂糖より糖分が低いですが、それに安心して摂りすぎないようにしましょう。
  • 塩分を多く含む食品…いくら、数の子など塩分が多く含まれるものを多く摂ると、血圧が上昇することにつながります。
  • お腹の調子に影響がでる食品…プルーンは、鉄分やカリウムなどが豊富で妊婦さんにはおすすめですが、摂りすぎるとお腹がゆるくなることがあります。



妊婦におススメの飲み物&NGなもの


妊娠中には、食品以外に飲み物でも気をつけたいものがあります。



妊娠すると汗をかきやすくなったり血液量がふえます。
また、便秘にもなりやすくなるため、妊娠前よりも水分が必要な状態になっています。
お茶や水なら安心だろうと思っていてはいけません。
含まれている成分によっては避けた方がよいものや、控えめにした方がよいものもあるからです。

例えば、お茶にはカテキンやカフェインという成分が含まれていることが多く、カテキンは鉄分の吸収を妨げる作用があったり、カフェインには覚せい作用があるといわれています。
日頃の水分補給には、母体にも胎児にも安心で安全なものを選ぶことが重要です。

おススメの飲み物

  • 牛乳、乳酸菌飲料…カルシウムの摂取やお腹の調子を整えるために良いとされています。赤ちゃんのアレルギーに関係するという心配はありません。
  • 麦茶…ミネラルが豊富でノンカフェインだから安心です。ただし、身体を冷やす作用があるので、注意が必要です。
  • そば茶…ミネラルが豊富でノンカフェイン。そばアレルギーの方は注意が必要です。
  • ルイボスティー…ビタミン、ミネラルが豊富。ノンカフェインでもあり、美容と健康にも良いとされています。
  • コーン茶…ノンカフェインで、鉄分やカリウムなどが含まれています。
  • 黒豆茶…ノンカフェインで食物繊維やビタミンが含まれています。イソフラボンも含まれていて、女性ホルモンと似た働きをするので飲み過ぎには注意しましょう。
  • どくだみ茶…ノンカフェインでカルシウムやカリウムなどのミネラルが含まれています。
  • マテ茶…微量のカフェインが含まれていますが、鉄分やカルシウムが豊富に含まれていて「飲むサラダ」とも言われています。
  • ほうじ茶…微量のカフェインとカテキンが含まれていますが、ビタミンやミネラルが豊富です。
  • ココア…カフェインが含まれていますが、その量はコーヒーの1/6〜1/10といわれています。
  • 青汁…葉酸などの栄養成分が含まれています。


注意が必要な飲み物

  • 緑茶、烏龍茶…カテキンやカフェインが含まれています。
  • 紅茶…実はコーヒーよりもカフェインが多く含まれています。
  • ハーブティー…気分を落ち着かせたりする作用のものもありますが、種類によっては、女性ホルモンに作用するものもあり、 妊婦さんには不向きのものもあるので、よく調べてから飲むことをおすすめします。
  • ジャスミン茶…緑茶などの茶葉にジャスミンの花の香りをつけたもので、成分はベースとなる茶葉と同じで、カテキンやカフェインが含まれます。
  • 栄養ドリンク…カフェインが含まれています。
  • 炭酸水…糖分が多く含まれてるものやカフェインが含まれているものがあります。無糖・無味の炭酸水は問題ありません。また、「カロリーオフ」「0カロリー」といわれているものには、添加物の心配があります。
  • 豆乳…たんぱく質などの栄養成分が豊富ですが、イソフラボンの過剰摂取が懸念されるため注意が必要です。


妊婦おすすめレシピ

妊娠すると様々な体調不良に見舞われることがあります。
鉄分不足による貧血や、むくみや高血圧、蛋白尿などの症状が現れる妊娠高血圧症候群などがあります。
また、つわりが落ち着くと今度は食欲が出てつい食べ過ぎたりして体重が増加するということもあります。
このような状態が続くと食事制限が必要となってきます。

でもお腹はすくし、間食も摂りたい、外食もしたい…でも食事制限を意識したメニューを考えるのは一苦労…
これがストレスになってはいけません。

ここでは、栄養がちゃんと摂れて、その上ヘルシーな妊婦さんのための【体重管理レシピ】を紹介します。
献立の参考にしてみてください。


鶏肉とごぼうのワイン煮 4人分
◯材料
鶏モモ肉………100g
ごぼう…………1本
こんにゃく……1/2丁
しめじ…………30g
さやえんどう…4枚
サラダ油………小1/2
だし汁…………適宜

☆赤ワイン……50cc
☆みりん………大1
☆薄口しょうゆ…大1

塩………………適宜
こしょう………少々

◯作り方
@鶏肉を食べやすい大きさに切り、ごぼうは皮をこそげて薄く斜め切りにする。
 こんにゃくは、さっとゆでて両面に斜めの切り目を入れて2cm角に切る。
A@を炒めて、だし汁を加える。灰汁を取り、☆の調味料を加えて煮る。
B最後にしめじを入れて、さっと火を通したら塩こしょうで味を調える。
Cさやえんどうをゆでて斜めの細切りにしたものを散らす。

◯ポイント
ワイン風味にすることで、塩分控えめの洋風煮物ができます。
食物繊維たっぷりで便秘の予防にも!



黒砂糖かん 流し箱1つ分
◯材料
牛乳………200cc
黒砂糖……50g
☆粉寒天…2g
☆水………50cc
きな粉……1/2カップ

◯作り方
@鍋に粉寒天と水を入れて煮溶かし、2〜3分沸騰させて、火からおろす。
A別の鍋に、牛乳と黒砂糖を入れて煮溶かし、@を加える。
B容器に流し、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。
C食べる前に好みの大きさに切り、きな粉をまぶす。

◯ポイント
寒天は海藻から作られるものなのでとってもヘルシー。おやつやデザートにおすすめです。
黒砂糖を使うことによって、牛乳臭さがきになりません。


カフェインとアルコール



妊娠前は、仕事や家事の合間にコーヒーなどを飲んでホッと一息ついたり、一日の終わりにビールなどを飲酒して疲れを癒したりしていた人も多いのでは。

しかし妊婦さんにとって、コーヒーや紅茶などに含まれる「カフェイン」、ビールやワインなどに含まれる「アルコール」は、摂取を控えたいものになります。
これらの成分は大量に摂取すると、胎盤を通じて母体と同じくらいの濃度で胎児に送ってしまいます。
これを受けた胎児は、体内で分解したり排出したりする機能ができていないため、体内に溜めてしまうのです。
その結果、カフェインを大量摂取した場合、中枢神経を覚せいさせる作用により不眠や興奮、胎盤の血流減少、さらには発育不全をもたらすこともあります。

アルコールを大量摂取した場合は、中枢神経や発達に影響を与えて先天性障害になる「胎児性アルコール症候群」になる場合もあります。

では、「甘酒」や「ノンアルコール飲料」などは、どうなのでしょうか。
「甘酒」は「酒」とつきますが、米麹からつくられる甘酒はノンアルコールです。
しかも米麹からつくる甘酒は「飲む点滴」と言われるほど多くの栄養素が含まれており、妊婦さんにはおすすめの飲み物なのです。
「ノンアルコール飲料」は、アルコールの度数が0.00%の完全にアルコールがフリーのものと、1%未満の微量のアルコールが含まれているものがあります。
完全にフリーのものであれば問題ありませんが、微量に含まれているものは、それが蓄積されると胎児への影響が心配されるので、やはり避けた方が良いでしょう。

アルコールやカフェインなどの成分を含むものは、少量の摂取であれば問題はないと言われています。
しかし、最初は少量だったのが徐々に量が増えたりして習慣化しやすくなります。
赤ちゃんが元気に育つためには、摂取量をうまくコントロールすることが大切です。