普段の生活で気をつけること

MENU

妊娠してもおしゃれを楽しもう!

妊娠前は、きれいな洋服を着ておしゃれなパンプスやブーツを履き、髪もかわいくまとめたり巻いたりと、おしゃれを楽しんでいた方も多いのではないでしょうか。
妊娠初期は、つわりで体調が優れず、身なりに気を遣う余裕もなくなってしまうこともあります。
また、お腹のふくらみが目立ってくるとこれまでの洋服のサイズでは合わなくなり、マタニティウエアが必要となってきます。
妊娠中だからといって、一時的におしゃれを封印するのではなく、これまでと同様に妊婦ならではのコーディネートを楽しんでみてはどうでしょうか?

妊娠初期におすすめのファッションコーデ

妊娠前の洋服でも十分着られる頃です。
つわりで気分が悪い場合はウエストを締め付けないようなワンピースやジャンパースカートが楽ちんです。
また、ウエストゴムのパンツやスカートでもいいでしょう。
靴は妊娠期間中を通して、ヒールの高いものは避けましょう。
高さがどうしても必要な場合は、3センチくらいまでで踵が安定した靴を選びましょう。
おすすめは、ぺたんこの靴やスニーカーです。

妊娠中期から後期におすすめのファッションコーデ

パンツスタイルで決めたい場合は、お腹のふくらみが目立ってきている頃なので、マタニティ用のパンツが必要となります。
トップスは、妊娠前にチュニックやビッグシルエットな洋服が好みだった方は、そのまま着れることも多いです。

こんな場合はどんなコーデ?

結婚式
妊娠中に兄弟や親せき、友人の結婚式に参列することもよくあることです。
中期から後期は、手持ちのドレスなどは着られません。でもわざわざ買うなんて…と思いますよね。
こんな時は、マタニティ用のフォーマルドレスをレンタルすることができます。
購入するよりも随分費用を抑えることができます。
着物も着れないことはありませんが、お腹を帯で締め付けたり逆に緩くしすぎてしまったりと、妊娠前と同じように着こなすことはとても難しくなります。
妊娠中は、疲れやすくなっているので、着物を着用中に体調が悪くならないかが心配です。
妊娠週数や体調面を考慮して、ドレスにするか着物にするかを選ぶようにしましょう。

夏祭りなど
浴衣くらいなら自分で着付けができるという人も多く、夏の楽しみでもありますよね。
浴衣も着物と同様、お腹の締め付け具合が難しいところです。また、履物にも注意が必要になります。

お家でまったり過ごしたり寝るときには
マタニティ用のルームウエアやパジャマは、インターネットやカタログなどの通販で見てみるとたくさんの種類があります。
ワンピースやチュニック丈のものにパンツが付いているというものが多く、産後も着られるようにと、授乳口が付いたものがほとんどです。
授乳口も目立たないようにデザインされているものもあるので、とってもおしゃれです。


服装以外でもおしゃれをしよう!

妊娠中でも髪形やネイルなどでおしゃれを楽しめば、気分転換ができてマタニティブルーも吹き飛んでしまうかもしれません。
妊娠後期では、お風呂で髪を洗う体勢が苦しくなり、髪をバッサリ切るという人もいます。
反対に、伸ばしておいて、結んでおけば楽ちんという人もいます。
パーマやカラーは、妊娠により皮膚が敏感になっているので注意が必要です。
また、施術に時間がかかることやシャンプーで仰向けの体勢になることが負担になります。

いずれにしても体調をよく考慮して、この時期ならではのヘアスタイルを楽しんでください。
ネイルは、いくつか気をつけておきたい点があります。
まずは、妊婦健診日は爪はすっぴんで行きましょう。爪は健康状態を表します。
また、緊急事態が起きてしまった場合のことも考えて、すぐに落とすことのできるネイルを使用しましょう。