妊娠中に夫の浮気

MENU

妻が妊娠中は浮気しやすいの?


浮気をする男性の心理を知る!

妻が妊娠中に夫が浮気をしたっていう話は悲しいことに、意外とよく聞く話です。
愛する人との間にこれからかわいい我が子が誕生するというのに、よくそんなことができるもんだと多くの女性なら絶対許せないはずです。
どっちに似るのかな、男の子かな女の子かななど、夫婦二人のDNAを引き継いだ赤ちゃんが生まれてくるのですから、女性にとったら大きな幸せと喜びとなるに違いありません。

そんな女性の幸せと喜びを台無しにしてしまうのが夫の浮気…。
どうして男性は妻が妊娠中に、妻以外の女性に走ってしまうのでしょうか。
まずはその男性の心理を知ることから始めてみましょう。

妊娠中の性行為

妊娠中の性行為についてのある調査によると「妊娠中は性行為をしなかった」との回答が半数以上あったという報告があります。
その理由としては、
・流産、早産など赤ちゃんへの影響が怖い。
・つわりで臭いなどに敏感になったため。
・マタニティーブルーによって性行為をしたくなくなった。
・妊娠中は性行為ができないと思っていた。
などが多かったようです。

一般的に女性は、妊娠することにより性欲は低下すると言われています。
特に妊娠初期は、ホルモンの影響や疲れ、つわりなどの理由により性欲が減退していきます。
妊娠中期になると、つわりなどもおさまり安定期にさしかかると、性欲が戻ることもあるようです。
また後期は、出産が近づくため、無事に赤ちゃんが生まれるように準備をすることの方へ意識が向き、再び性欲は減退するようです。

性欲には個人差がありますが、妊娠期間を通して性行為を求められると苦痛に感じる人もいれば、妊娠したことで性欲が高まったという人もいるようで、どちらも異常ではないといわれています。
一方、旦那さんやパートナーはというと、妻が妊娠したからといって自分自身に変化はないため、性欲はこれまで通りあるため妻に求めていきます。

しかし、妻は体調面や胎児への影響、気分などにより拒否することになります。
その時に妻は、自分の大変さを旦那が理解していない、自分の欲だけを満たそうとするなどと不満をかかえるようになります。
このように男性と女性では、意識の変化に差が生じるため、欲を満たされない夫は浮気に走ってしまうのです。
性行為の有無が妊娠中の浮気の重要な要因であるといえます。

浮気の原因はそれだけではなかった!

妊娠中の妻を持つ男性がみんな浮気をするのかと言えば、必ずしもそうではありません。
これからパパになるべく、意識を高く持つ男性もいて、妻と一緒に育児本を読んでいるという人までいます。
このように妻の妊娠・出産を心から喜んで、誕生を心待ちにしている旦那さんであれば、浮気の心配はほとんどないでしょう。

妊娠中の性行為を控えているうちに、それが理由で浮気をしたというのは、単なるきっかけに過ぎず、浮気をしてしまう性分だったり、少なからず浮気願望があったかもしれないということが考えられます。

また、妊娠したことにより女性の身体には負担がのしかかります。
そのことで旦那さんに辛く当たったり、悪態をついたりしてしまうと、言葉遣いひとつで気持ちがどんどん離れていってしまいます。

浮気発覚!その時どうする?

「最近、旦那さんの様子が怪しい!」という女の予感が的中してしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

最も大切なことは、「冷静に落ち着いて話し合う」ことになります。
旦那さんがなぜ浮気をしたのかという理由を丁寧に聞きだしましょう。
もしかしたら奥さんに原因がある場合もあるのです。

理由がハッキリと分かれば、お互いの良くなかった点について、しっかりと受け止めて認め合うようにしましょう。
危機的状況におかれた時こそ、相手のことを信頼することが大切です。

修復する?それとも離婚する?

妊娠中の夫の浮気は、これまでの幸せな家庭生活をぶち壊す最悪の出来事です。
この夫の行為を許して、関係を修復することができるでしょうか。
それとも激情して、夫や相手の女性に復讐することを選ぶのでしょうか。

もし復讐することを選んでしまえば、最悪「離婚」という結果になりかねません。
夫の浮気をしたという事実を許して、なかったことにするなど、夫婦の関係を修復した場合は、世間体を保つことができます。

また家庭の中では、これまでに夫から制限されてきたことやなんとなく遠慮してできなかったことが、吹っ切れたようにできるようになります。
例えば同級生との食事会や好きなアーティストのライブに行くなど、浮気が発覚したことにより夫は引け目を感じているため、きっと快く(?)送り出してくれることでしょう。

中には浮気を許した代償に、高価なブランド物のバッグやアクセサリーなどを買ってもらったという人もいるようです。
浮気相手の女性にお金を費やしてきたのですから、妻へのお詫びの印といったところでしょうか。
浮気が発覚した当初は、冷静に考えることができず、短絡的に離婚を選択する人も少なくありません。

しかし、離婚の決断を下してしまえば、たちまち困るのは金銭面です。
夫婦共働きだったとしても世帯収入が激減するため、生活が苦しくなることが考えられます。

また、生まれてきた子どもを父親がいないという環境で育てることになり、子育ての面での苦労と子どもに寂しい思いをさせてしまうという後ろめたい気持ちが生じます。
一旦は夫婦の関係を元に戻そうと努力はしたが、やっぱり駄目になってしまったというケースも多くあります。
離婚を決断するにも、夫を許して夫婦関係を修復するにも大変なエネルギーが必要となります。

妊娠中に浮気された場合、慰謝料は請求できるの?

妻が妊娠中の浮気は、夫にとっては「一時の過ち」であっても妻にとっては許すことのできない裏切り行為です。
いくら謝られても、浮気相手との関係を清算したとしても、腹の虫はおさまることはありません。
何か復讐する手立てはないかと考えてしまうものです。

その方法のひとつとして、浮気相手に慰謝料を請求することができます。
夫と浮気相手の女性との間に不貞行為(肉体関係)があった場合は、離婚してもしなくても、妻は夫と浮気相手の女性に慰謝料の請求を行うことができますが、請求するには、不貞行為があったという確実な証拠を基にして立証する必要があります。

ただし、不貞行為があった時に、すでに夫婦の婚姻関係が破たんしていた場合は、浮気相手の女性に対して、慰謝料が認められないこともあるようです。


不倫の場合の慰謝料の相場

離婚はしない!と決めた場合
浮気は絶対に許したくはないけど子どものことを思うと離婚まではできない、それならば慰謝料をとりたいと思う人も多いです。
慰謝料を請求するには「交渉」によって請求する方法と「裁判」によって請求する方法があります。
多くの場合「交渉」による請求をして、それで決着できなければ「裁判」による請求をするようになります。
浮気はされたが離婚はしないという場合、浮気相手の女性に対して慰謝料を請求できる相場は100万円以内だと言われています。

離婚する!と決めた場合
どうしても夫の裏切り行為を許すことができない、または一旦許したけどやっぱり許せないという気持ちがあると、離婚に至ってしまいます。
妊娠中に浮気をされることほどショックなことはありません。
それがきっかけで、精神的なダメージだけでなく切迫流産や切迫早産など、お腹の赤ちゃんにまで多大な苦痛を与えられてしまった場合、夫からの慰謝料約300万円と養育費、浮気相手の女性からは慰謝料約120万円くらいが相場だと言われています。

夫の浮気度をチェックしよう!

最近、旦那さんが不穏な動きをしていて「もしかして浮気…?」と疑ってしまいます。
本当は疑ってはいけないのかもしれませんが、モヤモヤした気持ちが続いてもいけません。
少しでも思い当たることがあれば旦那さんの浮気度をチェックしてみましょう。


旦那さんの浮気度チェック
・今までに比べると携帯電話やスマートフォンを頻繁にいじるようになった。
・FacebookやLINE、mixi、TwitterなどのSNSを利用するようになった。
・携帯電話やスマートフォンを家では置きっぱなしにしていたのが、持ち歩いたり、お風呂の時は脱衣所まで持って行ったりするようになった。
・飲み会などを理由に帰宅する時間が遅くなってきている。またその回数が増えている。
・服装を気にするようになった。
・休日になるとひとりで外出することがある。
・メールの返事が遅くなったり、電話をかけてもなかなか出ないか、出ても「取り込み中」などと言ってすぐに切るようになった。
・帰宅してきたらすぐにお風呂に入る様になった。

これらの項目にいくつも当てはまると浮気度が高いといえるかもしれません。

妊娠中に浮気されないためには…

夫婦といえども元は他人です。気持ちを一方的に押し付けることは、お互いを尊重しているとは言えませんし、理解しあえることは、とても難しいことになってしまします。
妊娠すると女性は、心も身体も出産に向けてどんどん変化して進んでいきます。

一方、男性は自覚も何の変化もなく、妻の変わっていく様を見ているだけで、段々と置いてきぼりになっていっている気がするのです。
妊娠中は、つわりや貧血、腰痛など様々な身体の不調があり、個人差はありますが、体調がすこぶる良い時期というのはあまりありません。
旦那さんに家事を手伝ってもらったり、マッサージしてもらったりなど、いたわってもらうことばかりをつい求めてしまいます。

でも旦那さんの要求には応えられているでしょうか。
旦那さんは生まれてくる子どもの「お父さん」になるのです。
身体は一向に変化を見せませんが、お腹の赤ちゃんの成長の喜びを2人で分かち合うことで、徐々にお父さんになる準備ができていくのです。
妊娠中期に差し掛かれば胎動を感じることができます。また、お腹の中から蹴ったところの表面がポコッとなって外から見ても分かるくらいになります。
そんな分かりやすい単純なことをパパにも教えてあげましょう。
お腹の中の赤ちゃんの生命を感じることができ、きっと感動することでしょう。

また性別によって将来が大きく変わります。名前をどうするか、どんなことして遊ぶか、どんなスポーツをさせるのかなど、夫婦2人で想像すること、話し合うことで「夫婦」から「両親」へと成長していけるはずです。
子どもが生まれるという幸せを分かち合いながら妊娠期間を過ごすことで、夫の浮気を防止することができたりするのです。

妻から母になっても愛され続けるためには…

妊娠中であっても浮気などされず、愛され続けるためには旦那さんに対して「褒め上手・断り上手」になることが鉄則です。
夜の営みを求めてくる旦那さんに対して、
「そんな気持ちにならない」
「触られたくない」
「嫌だから」
「身体のしんどさがわからないでしょ」
などと旦那さんを拒否してしまったり、男性のプライドをズタズタにしてしまうような発言は絶対にしてはいけません。

「最近お腹が張ることがあって痛くて、赤ちゃんが心配」
「10日ほど待ってもらえる?」
「お医者さんからOKもらえたらね」
などと、旦那さんが理解しやすい理由を述べ、いつならいいのか、どんな状態ならいいのかなどを丁寧に説明しておくとよいでしょう。

旦那さんの望む通りにならない時には、手をつないだり、簡単なマッサージをしてあげたりなどスキンシップをはかるなどして、必ずそのフォローが必要です。

妊娠中は身体がしんどくなるだけでなく、ホルモンのバランスも違うため精神的にもイライラしたり怒りっぽくなりがちです。
ちょっと発した一言が、旦那さんを傷つけてしまうことがあります。
家事など積極的に手伝ってくれる旦那さんには、しっかり褒めて、感謝の気持ちを必ず伝えるようにしましょう。
たとえ二度手間になるような結果になってしまっても、旦那さんは妻を支えようと一生懸命にしてくれているのです。
「助かるわ」
「いつもごめんね」
「ありがとう」
と言って、旦那さんをいたわりましょう。
これで浮気も防止でき、愛され続ける妻になるのです。