睡眠の問題

MENU

質の良い睡眠をとるために

妊娠中に激しい睡魔に襲われた経験のある人はとても多いといいます。
起きたばっかりなのにまた眠気を感じる。
これは、女性ホルモン、その中でも黄体ホルモンが関係しているからです。
黄体ホルモンは、普段は卵巣の黄体から分泌されているのですが、妊娠して妊娠中期に差し掛かると胎盤からも分泌されるのです。
黄体ホルモンの働きは、簡単に言うと「妊娠を助ける」働きをします。
妊娠前に生理があれば、受精卵が着床できるように子宮内膜の環境を整え、体温を上昇させます。
受精卵が着床して妊娠が成立すれば、それを維持するためにさらに子宮内の環境を整えます。

また、乳腺の発達や血糖値を正常に保つ働きもあります。
そして、この黄体ホルモンは睡眠を促す働きもあるというのです。
生理前は眠かったということと、妊娠したら眠い…この原理は同じことだったのです。

しかし、眠気は強いけどお腹が大きくなればなるほど、寝苦しくてぐっすり眠れないのが現実です。
仰向けやうつ伏せで眠るのは苦しく、横向きに寝たとしても寝返りできないなど、妊婦さんならではの問題があります。

妊娠中の楽な寝方としてシムスの体位というものがあります。
上半身はうつ伏せ気味で、お腹から下は横向き。
上になる方の足はクッションなどの上に置くというような寝方で、ちょうど抱き枕を抱いて寝たような寝姿になります。
妊婦さんの中には抱き枕を愛用している人も多いようですね。
このシムスの体位は、安定度が高く、心理的にも安心感が高いとされています。

また、足の内またに抱き枕などを挟むと、その上に乗せた足が心臓よりも高い位置になるため、血液の循環が良くなり、足にたまった疲労を癒す効果が得られます。
左右どちら側を向いて寝るのが良いかは、個人差がありますが、身体の右側に大静脈が通っていて、大きなお腹で圧迫されることにより、むくみが生じたり血行が悪くなって結果的に寝苦しくなる場合は、右側を上にして寝ると良いでしょう。
胎児が逆子の場合は、横向きで寝ますが、左右どちらを上にした方が良いかは、かかりつけ医の指示を仰いでください。

妊娠中の眠気は、妊娠を維持するために伴うものです。眠たくなったら無理せず身体を休めましょう。

しかし、腰の痛みや頻尿、胎動などで眠りが浅くなることも多いです。
抱き枕やクッションなどを利用して質の良い睡眠がとれるようにしてください。